会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

”so that”と”so…that”の区別を!

  英語にはさまざまな重要構文がありますが、その中でも重要度の高いものに”so”と”that”を使った構文があります。 一つは”so that”。”so”と”that”がくっついていますね。 …

かなり使える!”do”は会話で大活躍の動詞!

  英語の基本動詞といえば”give”, “get”, “make”, have”などがありますが、これらのような基本動詞を使いこなせれば、それだけで会話には不自由しなくなる!と言われている …

”If~”は使える便利な表現!

  今回は接続詞の”If”の便利な使い方をご紹介します。 多くの方が「”If”は仮定法のしるし」と早合点していますが、決してそんなことはありません。 そもそも”If”は「もし~なら」という接 …

「進行形」と「過去形」で丁寧さを表現できます!

  よく「英語で丁寧さを出すにはどうすればいいか?」という疑問を聞きます。 たまに「外国人はフランクだから、丁寧表現なんてないよ!」などという暴論を聞いたりしますが……(笑) もちろん、英語 …

軽視できない現在形と進行形

  以前、英語は時制にとても厳しいというお話をしました。 (「英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致」参照) 英語には実に12種類の時制表現があり(!)、ネイティブはそれ …

英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致

  日本語と違い、英語は時制にとても厳密な言語です。 「現在」と名のつくものだけでも、現在形、現在進行形、現在完了形、現在完了進行形と4種類もあります! さらに「過去」そして「未来」と名のつ …

”go to school”か”go to the school”か? – 冠詞の有無

  英語にあって日本語にない概念の中で一番わかりづらいのが「冠詞」ではないでしょうか? “a”と”the”の違いだけで文章の意味がガラっと変わったり、”a”も”the”もいらない!なんてケー …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?①

  英語をマスターするうえで、時制はとても大切な文法項目です。 実際に、以前ご紹介した文法書の世界的名著”Grammar in use”も、時制のセクションから始まっており、かなりのページを …

実際の会話では“If節”なんて言わない(?)- 仮定法

  今回は以前にも何度か採りあげている仮定法の応用です。 (以下2記事参照ください) 仮定法 – イントロダクション 「法」のお話し② – 仮定法 仮定法は「事実とは …

日本人が使えない”some”

  今回は皆さんご存知の”some”にスポットを当てたいと思います。 まずは以下の英文をご覧ください。 ex) I need some people to do this. 「私はこれをやる …